粉塵対策のエンジニアリング集団 集塵装置の最適なフードの設計、集塵機選定からクリーンルームまで

粉塵対策の達人.comのソリューション

粉塵対策の達人.comでは、集塵機、フィルター・濾布販売、クリーンルーム、クリーンブースから脱臭機まで、機器の選定からフード設計、現地施工、メンテナンス修理までトータルエンジニアリング企業としてお客様のニーズにお応えします。

溶接ヒューム

溶接ヒューム

2021年4月1日より施行
粉じん障害防止規則に指定されている
溶接作業で発生する「溶接ヒューム」が特定化学物質(管理第2類物質)に指定されます。

それに伴い、アーク溶接作業を室内で継続して行う場合において、溶接ヒューム濃度の測定を実施することが義務付けられました。マンガン濃度が0.05mg/㎥以上の場合は対策が必要です。

溶接ヒュームについて、労働者に神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあることが明らかになったことから、
労働者へのばく露防止措置や健康管理を推進するため政令、省令等の改正が行われました。(令和3年4月1日から施行)

【厚生労働省関連情報】

以下のような作業が対象となります。

アーク溶接作業を室内で継続して行う場合において、溶接ヒューム濃度の測定を実施することが義務付けられました。マンガン濃度が0.05mg/㎥以上の場合は対策が必要です。

【対象となる作業】

  • ■金属をアーク溶接する作業
  • ■アークを用いて金属を溶断し、またガウジングする作業
  • ■その他の溶接ヒュームを製造し、または取り扱う作業

溶接ヒュームの濃度測定及び対策について、必要かどうかを判断するフローチャート

フローチャート

※クリックで拡大します

三景産業にご相談ください!

1.個人サンプリングによる溶接ヒューム濃度測定を実施します。

溶接ヒュームが特定化学物質第2類となり個人ばく露測定による空気中の溶接ヒュームの濃度測定が必要となります。作業環境測定士が均等ばく露作業を判断し、測定人数、測定時間等を検討し、ご提案します。
また測定中は、作業環境測定士による問題点の抽出を行います。

均等ばく露作業ごとに、2名以上測定が必要です。
※1名作業の場合は、2日間測定が必要です。

サンプラー ポンプ

2.基準をクリアする為の最適な換気設備及び集塵設備をご提案します。

全体換気装置・プッシュプル式換気装置・局所排気装置等、様々な方式の装置が対象となります。
選定においては、「空気中の溶接ヒューム濃度の測定」にて、定められた基準をクリアできる機器が必要となる為、作業環境に応じた機器を選定・ご提案します。

お問い合わせはお気軽に!